佐藤工業の技術

試験室

UAV(Unmanned aerial vehicle)による空撮・測量

ドローンを活用した現場の施工前・完成などの空撮を行っています。
また、3D点群データ取得のための自動航行による空撮測量の支援も
行っております。

UAV写真
DJI INSPIRE 1DJI INSPIRE 1
DJI INSPIRE 1DJI PHANTOM 4 PDK

現場空撮事例

従来、建設現場における空中写真の取得は衛星画像の利用、航空機からの空撮やRCヘリコプター(シングル・ダブルローター)による空撮等を利用していました。
しかし、衛星画像や航空機による空中写真は地上から撮影地点までの高度が高く、対象物を鮮明に捉えることは不可能であり、定期的な写真の更新も難しい状況でした。

また、従来のRCヘリコプター(シングル・ダブルローター)による空撮は高度な操縦技術が必要であり、専門の業者に業務を依頼する形となるためコストが高くなる問題点があったことから、空撮による現場の把握や進捗状況の記録はほとんど行われていない状況でした。

近年、マルチコプターに使用されているGPS、加速度、ジャイロ、気圧等のセンサーの性能が著しい発展を遂げており、空中における機体の安定性とカメラの性能の向上により、これまで専門性の高かった空撮が未経験者においても容易に可能となっています。

また、マルチコプターの低価格化も進むことで、趣味の領域から空撮業務と幅広い層において普及しており、今後も新たな事業への展開等も期待されているます。建設業界においても、工事の進捗状況や完成物の全景の空中写真を容易に取得することが可能となった点、3次元計測のソフトハード面が進歩した点から、急速に普及が広がっており、災害時には迅速な状況把握のツールとしても役に立つと考えられています。  
マルチコプターを業務利用することは、調査・設計・施工・維持管理業務の効率化を図るうえで非常に有効な手段であり、当社においてもマルチコプターを利用した空撮により業務の幅を広げる取組を行っています。

3D点群データ解析事例

3D点群データとは
UAV空撮写真測量等によって得られた三次元座標(緯度、経度、標高)および色のデータを持った点の集まりであり、現場や構造物の様子をそのまま3次元で再現することができます。