新技術導入事例

BIM (Building Information Modeling)

コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、
コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加し、建築の設計、
施工から維持管理までのあらゆる工程でこれらの情報を活用することで、
業務を効率化しています。弊社の事例を紹介していただきました。佐藤工業株式会社 – Graphisoft

BIM写真
BIM写真

BIMの導入により「可視化・みえる化」による関係者との早期の合意形成が可能になりました
発注者様や近隣の皆様などに対して、2D図面では理解しづらい内容をBIMを用いることで分かりやすく伝え、イメージを共有することで早期に合意形成を行うことができます。
設計(意匠・構造・設備)の整合性。設計段階における図面の不整合を無くし、設計上の課題を抽出調整し、設計品質の向上に努めます。
施工着手前の早い段階で、BIMを用いて納まりの検討や図面の整合性、施工シュミレーションを行うことで、現場の生産性向上が図れます。加えて、生産の省力化を図ることで、労働時間の低減を目指し、働き方改革に努めています。

施工ステップ図

施工ステップ図
施工ステップ図

工事の流れを可視化することで、お客様の理解促進と関係者との合意形成が図れます。また事前に問題点を抽出しやすくなるため、工事の円滑な進捗や工期短縮につながります。

UAV(ドローン)による既存敷地の3Dモデル化

UAV(ドローン)による既存敷地の3Dモデル化
UAV(ドローン)による既存敷地の3Dモデル化

既存敷地の状況を点群により3Dモデル化することで、現場の原寸データとして設計~計画~施工へ活用できます。

デジタルモックアップ、モデルルームシュミレーション

デジタルモックアップ、モデルルームシュミレーション
デジタルモックアップ、モデルルームシュミレーション

建築着手前に、事前にBIMモデル上で建物をリアルに作成し、デジタルモデルルームにより関係者の理解と合意形成を行い、建築工事に着手します。VRを用いた体験も可能です。

航空写真、衛星写真上での建築シュミレーション

航空写真、衛星写真上での建築シュミレーション

航空写真に建築完成モデルを合成することで、完成後の建物をシュミレーションできます。

施工計画BIM×4Dシュミレーション

施工計画BIM×4Dシュミレーション

施工進捗・出来高の可視化。3Dモデルで工事の進捗状況と時間の流れを可視化し、事前にBIMで建設工事状況をシュミレーションします。

地中支持地盤のみえる化

地中支持地盤のみえる化

可視化できない地中の建物を支える支持地盤をBIMモデルでみえる化を行います。

仮設資機材の自動数量積算

仮設資機材の自動数量積算

工事に必要な資機材の数量を、容易に積算できるため、現場の省力化と生産性向上が図れます。

着工前の施工計画における、建設重機の性能確認

着工前の施工計画における、建設重機の性能確認

施工に必要な重機の性能を、BIMで事前にシュミレーションを行うことで、無理や無駄の無い安全で経済的な施工計画を行います。

鉄筋納まり検討

鉄筋納まり検討

後から可視化できない鉄筋コンクリート造の躯体と鉄筋のモデル化を行い、複雑な鉄筋の納ま りを検討し、問題点を事前に解決したのちに施工することで、品質の高い躯体工事を実施します。

建築と設備のBIMのよる干渉チェック

建築と設備のBIMのよる干渉チェック

設備専門会社と共同で、設備配管配線ルートの検討を行い、複雑な設備スペースをモデルで可視化し、品質の高い施工計画を行います。